つじかぜアスリートクラブ会員規約(走中八策)

つじかぜアスリートクラブへのご入会にあたっては、この会員規約をよくお読みになり、内容をご理解・ご承諾いただきますようお願いいたします。

  1. 本会の趣旨
    1. つじかぜアスリートクラブ(以下“ 本会” と言う)は、ランニングを趣味とする有志が自主的に集い、「楽しく走る」ことを通じ親睦を深めることを趣旨とする。
    2. 「楽しく走る」ことの定義は百人百様である。速く走ることが楽しいと定義する者も居るし、仲間と談笑しながら走ることが楽しいと定義する者も居る。本会は参加者各位がお互いの立場を尊重し、相互に理解し、尊敬しあうことを前提とする。
  2. 入会
    本会の趣旨に鑑み、入会は参加者各位の自主性が重視される。本会の趣旨を理解した上で本人が練習会に参加し、入会の意思表示をすれば、原則として老若男女を問わず入会は認められる。従って、入会金・年会費等は不要である。(但し陸連登録費、スポーツ保険の加入、本会が主催する有料イベントや駅伝に参加する場合の参加費用、ユニフォーム・Tシャツ代金の費用等は、別途参加者負担となる。その場合の参加・購入は本人の自由意志であり一切強制されるものでは無い。)然し乍ら、以下の様な特殊事情があると会が判断する場合には、会の判断に基づきリーダーは入会を拒む場合がある。(「会の判断」の定義については後述する。)

    1. 体力的に、本会参加が不適当と判断される場合。
    2. 他の参加メンバーに不快な思いを与える等、会への参加が望ましくないと総合的に判断される場合。

      叙上の通り、本会参加は自由意志に基づくものであり、練習会等における事故・怪我等に関しては自己責任を原則とし、会としては一切の責任を負わない。入会希望者はこの点を十分理解した上で入会の意向を表明する。
  3. 禁止事項
    本会の趣旨に鑑み、以下の事項は禁止する

    1. 他の参加者の言動・行為を直接的乃至間接的手段によって誹謗・中傷し、肉体的または精神的に負担を強いる行為。
    2. 所謂セクハラ行為。
    3. メンバーの意に添わない営利目的の商業的行為、政治や宗教等の勧誘活動。
    4. その他社会人としての常識に欠ける行為。

      上記行為の被害者は、直ちに運営委員に報告することが出来、報告を受けた運営委員は、速やかに適切な行為を取る。その場合、被害者のプライバシーには最大限の配慮をする。
  4. 総会
    本会は、年一回原則として毎年4月に総会を開催する。総会においては、以下を決議する。決議の可否は、参加者の過半数による多数決で行う。

    1. 次年度(4月~翌年3月)のリーダー及びサブリーダー及び運営委員の選出
    2. 当該年度の収入・支出の適合性ついて
    3. その他必要事項

      その他、リーダーの判断により、適宜臨時総会を開催することが出来る。
  5. 会の判断について
    本会の意思決定は、原則として運営委員の合議によりなされる。運営委員は立候補者の中から、毎年の総会において、総会参加者の2/3 以上の賛成を得たものが任命される。任期は何れも総会以降1年間とするが、再任は何度でも可とする。運営委員の中からリーダー1名、サブリーダー2名以上を選出し、通常の意思決定にあたる。特に判断が必要となる重要案件については、随時、運営委員会を招集して決議する。原則として会の意思決定は運営委員全員の一致した意見によるものとするが、万一意見の一致が見られない場合には、リーダーの意見を本会の判断とする。

  6. 退会
    本会の趣旨に鑑み、退会は参加者各位の自主性が重視され、本人の意思により直ちに退会することができる。また、年度を通して活動実績が無く、継続の意志表示もない場合は3月末をもって自動退会となる。ただし、本人が希望すればいつでも復帰することができる。然し乍ら、以下の様な特殊事情があると会が判断する場合には、会の判断に基づきリーダーは退会を要請する場合がある。

    1. 体力的に、本会に参加し続けることが困難と判断される場合。
    2. 他の参加メンバーに不快な思いを与える等、会への参加が望ましくないと判断される場合。
  7. 除名
    上記3-1, 3-2に該当する場合で、会の退会要請にも関わらず、本人が応諾しない場合、本人に事前通告した上で、会の判断により除名する場合がある。

  8. 規約の有効期限
    本件規約の有効期限は特に設けず、年次総会において適宜見直しを行なうものとする。

(補則 団体競技の費用負担)

当会で参加する駅伝等の団体競技は、原則、参加者が費用を負担する。欠場者が出た場合は補欠登録者で充当するが、補欠登録者に出場義務は無く、出場しなかった場合の費用負担は無い。

補欠が足りず応募外の第三者が出場した場合、欠場者が均等に不足分の費用を負担する。

 

2016年4月2日 改正